株式会社サンワシステム|太陽光発電システム・オール電化・蓄電池・風力発電

土地付太陽光発電

資産を有効活用!土地付太陽光発電

余計なコストや手間が一切かかりません!
ご要望に合わせた運用方法を土地の保有からシステム設置、運用まで
トータルにご提案いたします。
太陽光発電に適した土地を日本中から集めており、
皆様のご要望に確実にお答えいたします!

販売一覧をチェック

お問合せはこちら

EPC
実績多数、経験豊富な当社が設計から施工の一連の業務を全てご提供します。

ヒアリング

お問い合わせいただいたお客様のところに、営業スタッフがお伺いし、導入の目的やご希望をお伺い致します。

ヒアリング

用地選定、現地調査

建物、土地形状、地盤強度、造成の必要性、資材の搬入路、電気施設、方位、気候条件、周辺環境、関連法規など多方面から調査いたします。

用地選定、現地調査

基本設計

現地調査結果をもとに、設置位置、システム容量、角度など最適なシステムを検討。合わせて発電量予測、コスト、利回りなど投資プランをご提案します。また、このタイミングで関係法令手続きを行います。

基本設計

ご契約・詳細設定

提案にご納得いただけましたら契約を行います。地質ボーリング調査などを行い、詳細なシステム設計、工事スケジュールを詰めてまいります。

ご契約・詳細設定

調達

設計したシステムで太陽光パネル、架台、パワーコンディショナ、集電箱などの発注、ならびに工事の手配をいたします。発注から納品まで1~2ヶ月程度かかります。

調達

造成工事

納品までの間に造成工事を行います。(更地への設置は造成不要です)林地開発、排水計画、その他条例に基づき造成します。

造成工事

施工

設計に合わせ施工を行います。50kW以内のシステムで5~10日程度、大きなシステムになると1~2ヶ月程度かかります。

施工

系統連系・運転・メンテ

完工から1~3ヶ月後に電力会社による系統連系工事が行われ、試運転調整及び検査実施後に運転開始となります。導入されたシステムが正常に稼働しているかどうかを定期的に確認し、製品の長寿命につなげると共に、コスト削減に努めます。

系統連系・運転・メンテ

相談無料

お問合せはこちら

太陽光発電のメリット
確実な収益性
全量買取制度
産業用太陽光発電システムから作り出される電力は全量買取制度により買い取ってもらうことができます。買取価格が「固定」されていますので、安定した収益の確保が期待できる魅力的な運用案件といえます。

一度適用された価格は、20年間適用されます。
最初に適用された価格(固定価格)のまま、一定期間、再エネ電力を販売することができます。発電事業に必要となる費用の大半は、発電所の建設コストが占めますが、当初にかかる多額の建設コストを、長期にわたって安定的に回収できるよう保証することで、思い切った再エネ発電投資を広げることを狙いとしているからです。

社会・環境への貢献

CO2の削減や電力不足への貢献、近隣地域への非常用電源の開放など、環境問題や社会的課題への前向きな取り組みとして、企業の社会的責任を果たしているというPRに繋がります。

例その1
例その2

減税効果
生産性向上設備投資促進税制
固定資産税の軽減措置

充実の保証で安心運用
太陽光発電システムは、設置して完了ではなく、継続的な運用・管理が大切です。長期的な運用を想定すると、当然、様々なリスクが考えられます。サンワシステムではそれらのリスクを最小限に抑えるための保証をオプションでご用意しております。

機器10年保証制度
長期運用時に欠かせない機器の故障トラブルに対して、修理交換の機械保証制度を付帯しています。各機器の取扱説明書、機器に貼付されたラベル等の注意書きによる正常なご使用状態で、当社発行の補償書記載対象製品が故障した場合、設置完了日から10年間無料で修理、または同等品と交換いたします。
機器10年保証制度

自社グループ工事
太陽光発電システム設置工事専門として設立したSANWAは住宅、野立て共に実績が豊富です。また、自社グループでのメンテナンスも対応しています。

自然災害10年保証
突風、落雷、豪雨による洪水等の自然災害に備え、10年間の「動産保険」を付帯しています。火災、水災等の他、盗難・盗難未遂損害も補償対象としています。

補償対象となる事故
次のいずれかに該当する事故による損害に対して補償いたします。
補償対象となる事故

50kW太陽光発電にこだわるワケ
50kW太陽光発電は様々なメリットが得られます。大規模のシステム投資をしたい場合には、50kWシステムを複数所有することをオススメします。

コストの低減
コストの低減

早期事業開始

太陽光発電は先行者メリットの大きな投資が大きな収益につながる理由とは?

理由1
売電価格は年々下がっていくことが見込まれます。24年度は42円/kwhだったのに対して25年度は38.88円/kwhになりました。早く始めるほど20年間高い買取価格で売電することができます。

理由2
太陽光発電の用地は条件の良い場所から先に売れていきます。より好条件で発電に適した土地を確保することで、高い利回りを実現することが可能になります。

理由3
「グリーン投資減税」により、法人または青色申告書提出の個人が産業用太陽光発電設備を1年以内に事業用に導入した場合、最良な税制優遇処理をお選び頂けます。※28年3月31日までの期間限定!

リスク分散
例えば1システム1000kWの大規模システムを設置した場合、機器に損傷があった際に全システムが停止してしまいます。ところが50kWシステムを20区間(合計1000kW)を所有することで、各システムが独立して運転するため、1区間に損傷があっても残りの19区間(950kW)が通常通り運転し発電します。そのため損害を最小限に抑えることができるのです。
リスク分散

販売一覧をチェック

リスクと対策

太陽光発電事業を行うに当たって心配なリスクをサンワシステムは全て解決!
パネルやパワコンの故障発生への対策
交換や修理を前提としたシュミレーションをご提出いたします。また、20年間の出力保証が付くメーカーのパネルを使いますので、リスクはきわめて低いと言えます。
パネルの経年劣化への対策
経年劣化による発電量は、シュミレーションの段階で計算済みです。システム保証や売電保証付きの保険などにより、リスクを最小限に抑えることが可能です。
災害や盗難などへの対策
適切な維持管理を確立し、盗難などは可能な限り事前に排除します。天災に対する保険も充実。「管理体制+保険」の2重対策で、リスクを最小限に抑えます。
パネルメーカーの倒産リスクへの対策
倒産後の保険に加入しているメーカーのパネルを使用しています。メーカーが倒産してしまった場合でも、保険会社が補償を行うため、非常に安心です。
リスクの排除に力をいれております!

多彩な運用パターン

分譲型太陽光発電ご自身で土地を購入し、太陽光発電設備を設置する一般的な発電方法です。ランニングコストを抑えることができます。

賃借型太陽光発電土地は20年以上の定期借地権付での契約とし、太陽光発電設備を設置する方法です。初期投資を抑えることができます。

分譲型太陽光発電オーナー太陽光発電用地のオーナーになって頂きます。ご自身で発電事業を行いつつ、余った土地を分譲型太陽光発電用地として販売して短期的な利益を生むこともできますし、賃借型太陽光発電用地として貸出し、より安定した賃貸収入を得ることも可能です。

相談無料

お問合せはこちら

Copyright © 2017 株式会社サンワシステム|太陽光発電システム・オール電化・蓄電池・風力発電 All rights Reserved.